産業廃棄物処理や解体は大阪市の株式会社日本リサイクル NIHON RECYCLE

電話

沿⾰

1980年代

1986年12⽉
解体業者許認可
1986年12⽉
産業廃棄物中間処理業許認可(⼤阪市)
1986年12⽉
産業廃棄物収集運搬業許認可(⼤阪市)

1990年代

1990年9⽉
株式会社⽇本リサイクルとして資本⾦1,000万円にて設⽴
1990年
10〜11⽉
⼤阪府、⼤阪市、東⼤阪市、堺市の収集運搬業の許可を取得
1994年3⽉
⼤阪市の中間処理業の許可を取得
1994年4⽉
兵庫県、神⼾市、尼崎市の収集運搬業の許可を取得
1995年2⽉
⽊くずを中⼼とした焼却炉を⾃社開発(能⼒50t/⽇の設置許可取得)
1995年6⽉
奈良県の収集運搬業の許可を取得
1996年8⽉
和歌⼭市の収集運搬業の許可を取得
1997年5⽉
産業廃棄物焼却設備を起⼯
1998年1⽉
産業廃棄物焼却設備を竣⼯
処理能⼒:廃プラスチック類(10.32t/⽇)
⽊くず・紙くず・繊維くず(46.20t/⽇)

2000年代

2000年8⽉
中間処理選別施設の許可を取得
2000年10⽉
資本⾦5,000万に増資
2002年12⽉
和歌⼭県の収集運搬業の許可を取得
2004年5⽉
⻄宮市の収集運搬業の許可を取得
2005年6⽉
奈良市の収集運搬業の許可を取得
2005年11⽉
⾼槻市の収集運搬業の許可を取得
2006年4⽉
神⼾市の特管収集運搬業の許可を取得(廃⽯綿等)
2006年5⽉
⼤阪市、兵庫県、尼崎市、⻄宮市の特管収集運搬業の許可を取得(廃⽯綿等)
2006年7⽉
⼤阪府、堺市の特管収集運搬業の許可を取得(廃⽯綿等)
2007年1⽉
京都府の特管収集運搬業の許可を取得(廃⽯綿等)
2008年12⽉
⼟壌汚染指定調査機関の指定を取得

2010年代〜

2014年3⽉
産業廃棄物処分業許許認可(⼤阪市)
2014年5⽉
河川⽔浄化装置(東レ株式会社製)の設置(三軒家川より河川の⽔を摂取後⽣⽔に⽣成し焼却炉冷却⽔に使⽤)
2015年7⽉
焼却炉設置許可より焼却施設(処分業)に変更
焼却主灰洗浄設備装置(分級機)の設置(焼砂の⽣産・販売)
⽊材チップ(ボイラー燃料等に再資源化し販売)施設の設置
2016年6⽉
廃⽯膏ボード分離機(再⽣ボード粉の⽣産・販売)の施設の設置
2017年12⽉
産業廃棄物収集運搬業許認可(京都府)
2017年12⽉
京都府の収集運搬業の許可を取得
2018年7⽉
三重県の収集運搬業の許可を取得
2018年8⽉
滋賀県の収集運搬業の許可を取得
2019年10月
業務管理アプリKintoneの導入
2019年11月
大正区中間処理工場内に大型冷房設備を導入
2020年6月
分別カートでの廃棄物回収開始
2021年1月
電子契約サービス クラウドサインの導入
2021年4月
企業サイトリニューアル、MBSラジオにてCM放送開始